憎しみをたくさん持っている場合の対処方法

この記事は1分で読めます

憎しみを持つということがとても苦しいことである、ということは、多くの方が体験されていると思います。
 
相手を憎み、相手が不幸になればいいと思う場合には、本当にそうなることもあります。
 
相手が憎しみをぶつけられて、自分が悪いというマインドになった場合には、憎しみを与えたほうが勝つということになります。
 
勝った場合には、相手の苦しみを吸収することで、自分のエネルギーが上がるような気がします。
 
それはなぜかというと、相手の感情を封印することで、自分が感情を出せる気がするからです。
 
それは、可能性を開くという意味では良いかもしれません。

ただ、相手を抑圧して自分が解放されるということは、あなたの一部分を結局は封印することになります。

 

どうすれば良いかですが、
その場合は、自分のマインドをもう一度見てみてください。
 
どうして相手が嫌だと思うのか。
それを自分の中できちんと感じてみてください。
 
そうすることで、本当はどうしたいのかということが見えてきます。
 
ですから、相手を抑圧をさせることがなくても、自分がやりたいことをやっていくことで、問題に感じていたものが解消されていきます。
 
感情を解放していくことは、憎しみをも解放していくことなのです。
 
ですから、あなたが、あなたの中にあるどんな感情も認めてあげてください。
 
認めた時、相手に対して攻撃をしなくても大丈夫、という安心につながっていきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本当の自分で生きてみませんか。

マインドを超えた先に、愛があります。

愛はあなた自身のことです。

あなたが愛そのものである、ということを思い出した時、生き方が変わっていきます。

思い出すこととは、体感すること。

体感をしたい方は、私達と接してみてください。

体験を通して、本当の気持ちがよみがえります。

ゼウスさんに聞いた、ぜろまいんどの2人の役割

ちぃやん
1.みんなを楽にすること
2.正直な生き方を伝えること
3.人と人を調和させること
4.神の考えを伝えること
5.霊を癒やすこと
6.神の存在を伝えること

三浦
1.楽しむこと
2.協力しあうこと
3.愛すること
4.自分を楽にすること
5.今を生きること
6.固定観念を超える人を増やすこと

RSS ぜろまいんど 〜愛を知るための脱マインド〜

  • 不安を仲間にしてください。
    何かをやる時に、不安に感じることは誰にでもあると思います。   なぜ不安に思うのかは、それがうまくいくかどうか […]

メールフォーム

ご質問・ご意見・応援メッセージ等は、
メールフォームからお気軽に何でも送ってください。

ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
登録した後にメールが届くので、確認URLをクリックすれば完了です。