うちらの記念10月30日に☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

この記事は6分で読めます

かおりんです😊💕

 

いやあ〜〜(*^◯^*)
 
懐かしいな、この感覚wwwwww

 

あれ?何年前だっけ?(笑)😁💓

 

ちぃやんと初めて2人のサイトを始めたときが、
 
10月30日♪───O(≧∇≦)O────♪

 

で、ちぃやんと、

「ブログスタートは、

うちらの記念日の10月30日にしようぜい😁👍🏻💖」と

 
この日に決定☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

ちぃやんとのブログを書くにあたって、

改めて ちぃやんとの出会いや、

ちぃやんへの想いを書きたいと思います。

 

数年前、ある自助会様に参加した私。

 

そこで、初めてちぃやんと出会いました。

 

当時の私は、

自助会様に参加してみたものの、

どうしても他の参加者さまに

相談できない悩みを抱えていました。

 

(そのことでは、

主催者様、参加者の皆様にも

大変なご迷惑をおかけし、

お詫びを申し上げても申し足りないほどです。)

 

そして、ずっと言えずに悶々と考え、

私の病気は、

やはり場違いなのではないかな?と考えました。

 

自分の真の悩みに気づかれないように、

ひたすら明るく振る舞うことで

その場を乗り切ろうと、

なんとか自分を保っていました。

 

でも、参加したのには訳があり、

親友ゆみか(シーテフという難病と闘っています)

の生き方を見ていて、

私自身、このまま逃げてたらダメだ、

なんとか自分を変えなければ‼️という考えからでした。

 

自分の殻を破ろうという気持ちは強く、

少しでも自分のことを話すきっかけを作ろうと、

その自助会さまに数回参加させていただきました。

 

そして、数回目の会とき。

 

その日、

ものすごく緊張した状態の女の子がいました。

 

それが、ちぃやんでした。

 

会場内では席が離れていたため、

話すことはできなかったのですが、

 

私が我慢出来ずにトイレに行ったとき(^◇^;)

 

同じタイミングで、

尿意をもよおした ちぃやんと

トイレで2人きりに(笑)

 

で、その時、

トイレの中で初めて言葉を交わしました(笑)

 

それが‼️

 

初めてと思えない、ちぃやんとの出会い。

 
この感覚に

私自身びっくりで。。

 

話せば話すほど

すごく暖かさが伝わってくる。

 

『ご縁』とは、

こういうものなのかもしれないと

思うような、

お互いの人生の出来事のシンクロの数々。

 

ちぃやんと出会い、

お互いにお互いが、

『自分の分身?双子??』と錯覚する感覚でした^_^

 

そういえば(笑)

ちぃやんも私も鳥が大好きなのですが、

以前ちょこっとテレビで取り上げられた、

ポポちゃんというフクロウがいたんです😊💞

 

ポポちゃん😊

かなりマニアックな場所にいるのに、

まだちぃやんと私が出会う以前に、

同じ時期に同じタイミングで

ポポちゃんに会いに行ってたことも😊

 

ポポちゃんの写真を見て発覚し、

後々お互いそれを知って、

びっくりしたこともありました😁

 

ちぃやんと話してると、

子供に戻ったように

思い切り笑って、
ふざけることも出来て☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

私たちは、

ギクシャクした喧嘩の絶えない

『笑わない両親』を

ずっと見てきました。

 

なんとかお母さんに笑顔を、、、
 
お母さんに笑ってほしくて、

泣いてるお母さんを笑わせたくて、

 

子供時代、体調悪い日や

辛い出来事があっても、

無理やり笑ったりしてきました。

 

でも本当は、

こんな作り笑いではなく、

家族で、

みんなで心から、ただただ、笑いあいたくて。。

 

ちぃやんは人一倍、

人と争ったり、傷つけあったりすることに

巨大なトラウマを抱えて生きてきました。

 

私も、以前のサイトでも書いたように、

中学の時、

男子の集団から激しいリンチを受けてきました。

 

顔にたくさん出来たニキビが原因で、

その姿が気持ち悪いと言われました。

 
トイレの水に顔を突っ込まれたり、

カッターで切られたり、

放課後は殴る蹴るの集団イジメを受けました。

 

父親からのこと、

男子たちのイジメのこと、

私にとって、

『男性は怖い存在、信用できない存在』という

歪んだ概念が生まれた時期でした。

 

当時、親は家庭内別居でしたし、

とにかく教育に厳しかった祖母には

勉強のこと以外、ましてやイジメ問題なんて

相談することなんてできませんでした。

 

次第に家族の前で、

無理やり笑顔を作るクセがついてきて

本心から笑うことができなくなっていきました。

 

だからこそ、

ちぃやんと私にとって、

家族や友達と

『心から笑い合えること』は

最高の喜びだし幸せだし、

その有り難みを心から知っています。

 

現在😊✨

お腹が痛くなるまで

お互いに笑い合えることが

できるようになったことは、
 
私たちにとって、

かけがえのない人生の財産だと思います😊

 

そして何より、

ちぃやんが、

私のあらゆる全てを理解し、

受け入れてくれたこと😊

 

『どんな病気であれ、

どんな苦しみや過去があれ、

ここまで必死に生きてきた、

そのまんまの、ありのままのかおりんが

大切だし大好きなんだよ💖』

 

と言ってくれたこと。

 

生涯忘れません。

 

ずっとずっとずっと。

 

悩んで言えなかった部分も、

ちぃやんは、

私から自然に引き出してくれて、

包みこんで受け止めてくれました。

 

心ごと暖めてくれました。

 

子供のころから、

凍りついていた私の心の一部が、

ちぃやんの温もりで、全て溶けました。

 

もう自分自身の病気を恥じないで、

生きていていいんだ!と思わせてくれました。

 

自分の過去や病気を変えることはできないけれど、

これからの人生をどう歩みたいか?を

それを決めるのは、自分自身なんです。

 

自分でしか、

自分の人生の道は切り開けないんです。

 

私は生涯を共にする真の友に出会ったことを

きっかけに、

自分の中で

自分を見つめなおすことができるようになりました。

 
そこから、大きく変わっていきました。

 

昔の私は、

自分の意見を押し通すことこそ

信念と勘違いしてきた部分もありましたが、

きっとそれでは、友達や親からの、

心からの心配やアドバイスさえ

聞き逃すことになります。

 

私のためにしてくれたアドバイスは、

その人の『心』です。

 

その言葉は、

その人の真心の表れで、

とてつもなく有り難いことで、

大切にしなければならない、、、と思っています。

 

優しい言葉でなぐさめてくれる人より、

厳しい言葉をはっきり言ってくれる人こそ、

人生において後々自分の為になるし、

生涯を共に生きていける友になることを

私は経験してきました^_^

 

例えば街頭やテレビなどで

演説を見ていて感じるのですが、

それぞれに自分では正当な主張だと思っていても、

人には十人十色の価値観や主観があり、

様々な考えかたのもとで

たくさんの人の人生は成り立っています。

 

例えば、

自分の考えとは かけ離れているから

あの人は変な人だ💦

と決めつけてしまうことも

人間関係では良くあることだと思うんです。

 

でも、お互いにお互いから見たら、

自分側が変な人と思われているわけでして😅

 

人との関係から学んだのは、
 
自分から見て、

変わっているな💦と思える人は、

それは、きっと、

その人のその人の

考え方や個性の象徴であって、

決して『悪い人ではない』ということ😊

 

むしろ、

自分には無い考え方を持っているわけですから、

学ぶべきところがたくさんある人なのかもしれません😊

 

頑固だった私が、

そう考えられるようになったのは、

ちぃやんとゆみかという親友2人の

心の深さや暖かさに触れて、

そこに気付けました😊

 

人の言葉をきちんと受け入れて、

自分にも悪いところがあることを

きちんと認めること。

今は、これを忘れないようにしています😊

 

ちぃやんの生き方考え方を見ていて、

そこからたくさんのことを学びました😊

 

ちぃやん😊💕💕💕

感謝とかの言葉なんかじゃ足りないよ。

 

本当に本当に本当に、、、

ちぃやんのこと、

私の人生の、

私の命の恩人だと思ってるよ(*^^*)

 

ちぃやん😊💕💕💕

これからも共にいっぱい笑って

生きていこうねっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

めっちゃ愛してるよ😊💞💞💞

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。