ゼウスたんは光?それとも闇?

この記事は2分で読めます

どうも、三浦です。

なんかよく解らないけど色々やってくれるゼウスたん。

とても頼りになるけど、実際のとこほんとに光の存在なの?ってことはまぁまぁ疑問だと思います。
 

で、その答えですが、

正直どっちかわかりません

ってのが今のところの結論です。
 

まぢ?じゃあもしかしたら闇の存在かもしれないの?って言われたら、そうかもしれません。としか言えません。

こわwじゃあ関わらない方が身の為かもwというのもひとつの考え方としてありだと思います。

触らぬ神に祟りなしってね。
 

ただ、俺三浦が思ってることとしては

そんなのはどっちでもいいやw

ってことです。
 

確かに何か起こしてくれてるっぽいし、なんか一緒にいて面白いし、それだけで十分かなと。

ゼウスさんが光だろうが闇だろうがそんなのはどうでもいいこと。

それで十分かと思ってます。
 

まぁ調べたところでどうせ分かんないんだし、そもそも調べようもないし、そんなことしてるくらいならもっと有意義に時間を使う方法があると思います。これ本当に。

もし後で「実はそれがしは闇の存在じゃ(゚∀゚)今まで蓄えさせたエネルギーを貰い受ける(`・ω・´)」とか言われたら、「はい、どうぞ✩」って感じで返しますw

だってゼウスさんが蓄えて、それで楽しい思いができただけでも儲けもんですからねw

喜んでお返しさせていただきますw

楽しませてもらったんだからお礼とかお返しはしたいしねw
 

まぁイド(現みっちゃん)の時もそうだけど、相手が光とか闇とか、あれだこれだなんてどーでもいいんです。

楽しいか楽しくないか、面白いか面白くないか、です。

色々してくれるし、なんか面白い。そして楽しい。
 

万一闇でもいいんだから、ほんとに光の存在なら丸儲けですねw

もちろんこれは三浦の意見です。どう判断するかはこのブログを読んでるあなた次第。

ただ、色々受けてくれた方がみんな何かを感じてくれてるのは間違いないっぽいです。

ちなみにワタクシ三浦は感じにくい方なので、色々やってもらってんナンですが、よく分からなかったですw←全くではない

ゼウスさんごみんなさいw

 

それともう一つ、もしこれが全てちぃやんの八百長だったとしたら。

ゼウスさんどころかみっちゃんもめろりんもそみたんも、その他全て作り話で、来てくれた方達も全部ちぃやんの友達とかで、三浦は全て騙されているとしたらどうか?
 

それって幸せ者ですよねw

そこまでしてやってくれるなんて、フツーはまずないでしょうw

何年計画でどれくらい人脈があってどれだけ使って・・・
 

まぁちぃやんがそんなことはしないことは自分がよく解ってるんで、そこは全く疑ってもないですけどね。

これもそういった意味ではどっちでもいいことなんですね。
 

あれとかそれがどんなものであるのか?それを決めるのも結局は自分次第ということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 08.20

    繊細さの源

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

神様っぽいゼウスさんに聞いた、2人の役割

ちぃやん
1.みんなを楽にすること
2.正直な生き方を伝えること
3.人と人を調和させること
4.神の考えを伝えること
5.霊を癒やすこと
6.神の存在を伝えること

三浦
1.楽しむこと
2.協力しあうこと
3.愛すること
4.自分を楽にすること
5.今を生きること
6.固定観念を超える人を増やすこと

だそうです。
本当にそうなのかはわかりませんが、
できたらいいね。(テキトーw)

楽に自然に、共に生きよう。

私たちは、みんなと笑いながら楽に結果が出るのを応援していきます。

もう我慢や無理をせず、正直なあなたで一緒に楽しみましょ♬

私達もできるだけ正直に、あなたと向き合い続けたいと思います。

「本当の自分」と、「今」に抵抗するあらゆるマインドを超えて、楽で自由な人生を共に歩んでいきませんか。

RSS ぜろまいんどで自由に生きる。〜愛を知るための脱マインド〜

ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
登録した後にメールが届くので、確認URLをクリックすれば完了です。

LINE・ツイッター・Facebook

ご質問・ご意見・応援メッセージ等
ここからもお気軽に送っていただけます。

問い合わせメールフォームから話しかけてください♪

ラインの友だち追加(LINEPAYも歓迎です♪)

ツイッター(フォロー、DM歓迎です♪)

フェイスブック(フォロー、DM歓迎です♪)
facebook009