私が人生で後悔していること【後編】自分を大切にした理想世界の実現

この記事は5分で読めます

前編では、お金について書きました。
 
そして後半については、いろいろ考えていたのですが、

一言にまとめると、

「自分らしさを貫く事ができなかったこと。
つまり、自分に正直で在れなかったこと。」

それが人生で後悔している一番大きなことです。

 
それは自分のためもあるんですけど、それよりかは、
みんなが安心して、笑顔で暮らせること。

その理想世界の実現のためです。
 

私の場合は、自分よりも圧倒的に、
周りの人がそうあるように、と願わずにはいられません。
 
人が喜ぶように、傷つけないように、
必死に自分らしくないことを重ね、自分に嘘をつき続けてきました。

 
そんな私に、ゼウスさんは言いました。

「どんな形よりも、あなたが楽になることを優先していいんですよ。」と。
 

それは頭ではわかるけど、どうしても腑に落としそれを実行するまでに至りませんでした。

それを何度繰り返したことでしょう。

どうしても、傷ついている人を置いてはいけないという気持ちが勝っていたのです。

 

私が正直にものを言ったり、楽になったら、他の人を傷つけたり、
置いていってしまうことにはならないのだろうか。

このブログを見てくださる方はわかると思うんですけど、
私はぶっとんでて、普通じゃない価値観、考え方もたくさんあるから。
 
だから未熟な私を、私は自分でコントロールしておく必要があるのではないか。

そうやって納得させようとしていました。

 
でも、やっぱり自分が苦しいのは、
いつまでたっても慣れることはありませんでした。
 

「形よりも楽になることを一番に優先していいって、
それは、どうしてなのですか?

私を納得させる言葉で説明してくれませんか。」

 

ゼウスさんは私の口から言いました。

 
「あなたが楽になれば、周りの人も楽になります。

あなたが苦しければ、周りの人も苦しくなります。
 
ただ、それだけなんです。」

と。

 

。。。

シンプルだね。

 

「そういうふうに言われちゃうとさ。。

やっぱり私がまず、楽になるしかないじゃない」

 

シンプルながらもそれは、そういう気持ちにさせてくれる言葉でした。

 
自分より他人、それが優先になってしまいがちな私は、
他人を楽にするために、まず自分が楽に、正直になる必要がある。
 
そう言われたら、そうするしかないなって。
 

何度も何度も、まずは自分を大切にする必要があるって実感してきたけど、
ゼウスさんのその言葉は、最後の決め手とも言える言葉でした。
 

結局私は、自分のために何か大きなことができる人間ではないのかもしれません。

でもそんな自分でもまあいいかと、微笑むことはできるようになりました。

 

そして、
意図的に人を傷つけることはできるだけしないほうがいいけど、
(結果的に相手が傷ついてしまうなら仕方がなく、
それはそれで真剣に向き合っていくことしかできないのだけど)

自分がまず楽になることを、ものすごく優先していいということで、
私は最近、少しずつ自分から笑うようになりました。

 
今まで人のことに対してはすごく笑っていたのですが
自分に対して、自分で笑うということがなかなかできなかったのです。

そして怒ること、泣くことなどの、自分の正直な感情を出すということも、
それも、自分を構成する要素の大切な一部でもあるから、
できるだけ正直であれたらと思っています。

下手くそなりに、三浦に実験台になってもらっています。w
 

相変わらず、具合は悪くなりがちで、
進み具合はすこーしずつ、なのですが
(最近体調がどうして悪くなるのかについて
新しい発見があったので、また今度記事に書きたいです。)

 
体が弱い自分に、無理はしないぞ^^と開き直って、
やりたくないことはやらない。
 
それをみんなにも少しずつ理解してもらえるように、
自分を大切にする努力をしよう。

だから、自分に正直に、隠さずいこう。

という気持ちを少しずつ育んでいます。
 

自分が犠牲になって理想世界を実現するより、

まずは自分を楽にしてあげて、みんなと理想世界を実現する。
 

私はみんなでもあり、みんなは私でもあるから。

 
私の状態が世界に反映され、創られる。
 

それには、私という存在は1人1人にとって欠かせないもので、

まずは世界の中心である自分を楽にしてあげていい。

 

今までは、他人の望む形に自分を無理やりはめ込もうとして苦しかった。

そういう人もとても多いのではないかなと思っています。
(きっと、必死でがんばってきましたよね。)

 
私にとってそれは、
「大切な人を傷つけたくないし、大切な人にもっと喜んで欲しいから」
それしかないのですが、もっと違うやり方もあるんですよね。
 

それは相手の心や感性にまるまる同化して、
相手の土俵にのっかって無理をすることではなく、

自分の土俵を明確にし(本来の感性を取り戻し)大切にしつつ、
それを表現していくこと。

その上で相手と協力し合うことで、
お互いが喜ぶというやり方もある。

今後はそちらで生きたいと、強く感じています。

 

お互いの意見をすり合わせていくことで、新しい感性も育まれ、
そしてお互いが本当は同じ気持ちだった、というところに還っていくこともできる。

 
「大好きだよなんて、絶対に軽々しく人に言えない。
相手にとっての正しさを常に自分に追求しないと、
私は何をしでかすかわからないダメな人間なのだから。」

 
そんな罪悪感と共にずっと生きてきたのだけど、
 

「本当は、あなたが大好きで、大切なんだよ。
1人残らず、みんなに幸せになってほしい。

だからあなたも、一緒に笑いあおうよ!」

 
って正直な気持ちを伝えたいだけだったりするんですよね。
仲間や、家族や、そして周りのみんなにも。

 
理想の世界と書いてますが、私の理想世界は、
こういう形!というものが元々ないんです。

それが理想の世界。
 

以前、今は亡き同志のひろみさんが
私の魂をリーディングしてくれた文章を今日たまたま見つけて、
何年ぶりにこれを見て、深く共感し、心をうたれました。

それをここに引用させていただきますね。

 

ちぃやんをリーディングをすると、哲学的な感じが出てくるの。深いこと。
(哲学的とは、事物や人生などの根本的なあり方を探究するさまだそうです。)

だから私にはね、ちょっとわからないんだけど、
ちぃやんはわかるかもと思って言ってみるね。

 
私の望む世界は、どういうものなんだろう?

それは、まったく形のないものだ。

どういう世界とも言えないもの。

 
まったく自由で、制限がない。

別にどんなでもない。

あーでこーで、こういう世界!っていうふうに、決めてない。

形も制限もなにもない。
 

私が、大事にしているものは何か。

本当に大事にしているものは何か。

って言ったときにも、
大事にしているものは全てであって、
特定の何かっていうことではない。
 

まったく凝り固まった形もなければ、
定義もなく、自分を縛る規律も何もない世界に、
私は今、足を踏み入れた。
 

私はここに入るのがずっと怖かった。

だって、何を指針にしたらいいかわからないし、
頼るべきものがわからなかったから、ずっと怖かった。

 
でも今は、はっきりとわかる。

指針となるのは、私自身だ。

 
指針である私自身は、常に移り変わっていて、一定じゃない。

自分の中にある、基準とか、考え方とか、大切にしているものとか、
望んでいるものとか、自分にとっての喜びとか。
 
すべては、刻々と移り変わっていて、決まったものじゃない。

決まった形じゃない。
 

人とのかかわり方とか、仕事の仕方とか、生活の仕方とか、
すべては常に移り変わっていく。
 

そのときの気分次第で、瞬間瞬間変わっていく。

それでいい。

指針となるのはそのときの自分。
 
それは決まった固定化されたものではない。

 

そんなちぃやんは、本当に喜びをわかちあって、
みんなのことが大好きになって、つながって。
喜びをわかちあったり、共に、一体っていう感じがする。
 
公園みたいな所で、すごいみんなで手をつないで
嬉しい喜びエネルギーを、分かち合っているのが見えるよ。

 

そうなんです。決まってないって、
無責任に見える一面もあるかもしれないけど、
それは自分の自由な心、つまり自分らしさを大切にするということなんですよね。

 
常に心は移り変わる、それが自然であって、
それが生きているということ。
エネルギーである私そのものなんだと。

 

人を傷つけたくないとか、喜んでもらいたい、
そんな正しさにこだわっていた私には、
自由はとても難しいんだけど、

究極的に自由である、
つまり何の目的もなく、安心してそのままそこに在る。
ということが、
私の自分らしさでもある。

 
なんだこれ。
よくよく考えてみても、本来の私ってすごい極端で多様性があるから、
やっぱりすっごい、むずいじゃんか。苦笑w
と思いつつ、
やっぱり、ひろみさんはすごいや!ありがとうって思いました。
 
言われた時は、え、そんなの無理そうって思った部分もあるけど、
今は、
私の思ってること、そのままだと感じます。
 

自分を大切にしつつ、周りのみんなも大切にできたら、

そしてみんなで安心して笑い合えたら。
そしてそれをどんどん広げていけたら。

この世に未練や後悔を残さずに、やりきった!って死ねるのかもしれない。
 

だから、あなたも自分のこと(本来の感性や想い)を大切にしてくださることを、
いつも楽しみに、応援しています。

 



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ぜろまいんど初セミナーホワイトボード
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

神様にテキトーに聞いた、2人の役割

ちぃやん
1.みんなを楽にすること
2.正直な生き方を伝えること
3.人と人を調和させること
4.神の考えを伝えること
5.霊を癒やすこと
6.神の存在を伝えること

三浦
1.楽しむこと
2.協力しあうこと
3.愛すること
4.自分を楽にすること
5.今を生きること
6.固定観念を超える人を増やすこと

だそうです。
本当にそうなのかはわかりませんが、
できたらいいね。(テキトーw)

どんな自分もあなたも、尊重します。

三浦とちぃやんは、みんなで今に正直に、
自由に生きられたら最高だと思っています。

だから私達と一緒の時は、
感情にフタをしなくて大丈夫です。

あなた自身の気持ちを見つめてください。
一緒に自分に正直に生きていきましょう。

「今」に抵抗するあらゆるマインドを超えて、
自由な人生を、共に歩んでいきませんか。

RSS ぜろまいんどで自由に生きる。〜愛を知るための脱マインド〜

大切な同志&仲間たち

女王はるかの正直な告白♥
私に遠慮なく手紙とお金を送りつけつつ、
玉の輿目指し魔性性を磨き続ける女王のブログ。

かおりんとちぃやんの自由気ままブログ♪
〜泣いて笑ってありのまま♡〜

一番の親友、かおりんと私のブログです。

その他の同志・仲間のリンク集

スマホで気軽に「ぜろまいんどLINE@」

友だち追加
↑クリックすると友達追加(情報購読)できます。

ブログ更新情報や、心が楽になる情報が届きます。
メールマガジンみたいなものですね。

ご質問・ご意見・応援メッセージ等も
ここからもお気軽に送っていただけます。

ツイッターはこちら(フォロー歓迎♪)

フェイスブックはこちら(フォロー歓迎♪)facebook009