ココロにきいてみよう ♥実践編♥ 

この記事は7分で読めます

りえです。

ハートネットTVという番組をみました。

自殺を考えてる人たちを、どうすれば生きられるようになるか、
自殺ということを考えてみよう、という趣旨なのですが。

みっちり共感をもって見ていました。

わかるわぁ。

でも、あと一歩、なんか足りないんだよなぁ。

すごく伝えたい。

と、思ったので、書きます。

わかってくれる人
共感してくれる人

大事です。

私もぜろまいんどの仲間に会うことができました。

自分とおんなじ、ちぃやんさんと
まさか地球にいたの???こんなとこで会えるなんてー!』HIGH FIIIIIIVEEEE!!!!
というくらい、超ど級の仲間ですw

おかげさまで
空気の抜けた、しゅーんとした風船みたいになってたのに、
だんだん元気になっています。

閲覧注意:ほんとは、車でひいてひいてひいてひかれまくった野生動物のようでした。
 
もう、すっかり、毎日たのしすぎて眠れない、とか言ってますw
コレもちょっとアンバランスw

まだ、エゴちゃんが
こんな人生いやだ』と、
じたばたするときも多々あります。

そうそう、仲間は大事!!!!!

自分と同じぐらい大事。

でも
誰かに頼りっきりになると、その誰かしだいの幸せを手に入れてしまうことになります。

コレ、他人軸

自分を認めてくれるその人が、ある日、その人の都合でいなくなったらどうでしょう?

自分を幸せにできるのは、自分だけなのです。

また、ひとり、さみしい。』と、ションボリしないでくださいね。

これは、めっちゃくちゃすばらしい朗報です。

私も、見捨てられた気持ちというものを、
これでもかと味わいつくしてきたので、
自分の幸せは自分しだい』と言われるのが、
怖くて怖くてしかたなかったからです。

だって、自分をしあわせになんて、ぜったいにぜったいにぜったいにできない

と、硬く、かったーーーーく信じていましたから。

どこかで
しあわせは、しあわせにしてもらうもの、って、
みずからしあわせにはできない&なれない、って、
思い込みがあったから。

それでも。
死にたい自分を感じているのは、自分だけです。

ということは
幸せを感じられるのも、自分だけということです。

おいしい、たのしい、おもしろい、いたい、さむい、むかつく、うざい、
全部、自分だけのものです。

ほかに同じ気持ちを抱いて、生きる気力を失っている人がいたとしても、
環境や経験や感情は自分だけのもの

自分だけがそれらすべてを知っているのです。

自分で自分をまるごと受け入れられるのは自分です♪

すごいでしょ

ダメな自分を受け入れることは、思っているほど、考えているほど、こわくないし
、むずかしくない
です。

そーはいっても、
めっちゃくちゃこわい、めっちゃくちゃむずい、めっちゃくちゃめんどい、
わかります

私もまったく同じだったからです。

むしろ。

死ぬことなんて、ぜんぜん怖くなかったし、
生きている意味や喜びなんて、ぜんぜんわからなかった
からです。

命の尊さ、なんて、なんの話なのか、まったくもってわかりませんでした

そんな私が、
本当の意味で、生きる、って、そういうことか
っていう気づきの段階を経つつ、
なだれのような脅威のペース&スケールで(極端なんですな、何に対してもw)起こしてしまっている、
きっかけのひとつでもある『取り組み』をご紹介したいと思います。

奇跡を起こす方法ですからw

みんなが起こせる奇跡

そーなると、奇跡がアタリマエになりますね(嬉)

ではでは、実践編

まず。

死にたいほどつらいのに、今日まで生きている自分、すごい、えらい、すばらしい

生きているだけで精一杯、そんな極限で生きているなんて、すごいことです!

なかなか、できないことです!

ネガティブすぎる自分、おっけー

まじめに絶望できる自分、おっけー

だって、おっけー。だから

そこから、自分の気持ちを聞いていくのです。

自分が、自分に一番共感できる人になるのです。

自分が自分の最高&最強の仲間になるのですっ!!!

まずは。

むりやり、聞き出さないで。

どうしたの?』って、心配して聞いてみる。

いま、どんな感じ?』って、ココロの気持ちを聞いてみる。

つらいのかな。

悲しいのかな。

怒っているのかな。

傷ついているのかな。

もしかしたら、なんにも言ってくれないかもしれません。

つらすぎて。

もしかしたら、ただ涙があふれてしまうかもしれません。

そうであったとしても。

自分がいつもひとさまにしているように、いたわったり、尊敬したり、感謝するのです。

ただ、聞くだけでもいいのです。

説教、説得はいっさいナシで、どんなことにも賛同するのです。

そうか、そうか。』と。

ひとにはやさしくできるのに、自分にはできない。

なんだと?

一番大事な自分にやさしくしたり、ねぎらったりすることを忘れているのは、
自分に対して失礼というものです。

がしかし
いきなりポジティブにはなれません(断言)

それで、おっけー

それが、おっけー

じょうずにできなくて、おっけー

できなくても、おっけー

やってみよう、がだいじ、それが、おっけー

ぜろ』の状態に戻すことをなんとなーくゆるーくめざしてみるのです。

自分にやさしくやさしく

たとえ、自分を責める自分がいても、
『あー、また自分を責める自分がいるなぁ。そうか、そうか。』
って、受け止めて、おっけー

なんで、責めるの? 責めちゃいけないのに!』って、責める自分を責めない

そのうち、
よく、そんだけ責められるなぁ、すげー♪』
って感心できるようになりますw

でも、その感心、だいじなんですよ。

偉大な気づきですから。

自分が、自分に対して、ちょー『親バカ』(実際の親御さんとはいっさい無関係です
になって、自分の話を聞いてあげたり、望みを聞いてあげたり、
わがままを聞いてあげたり、大事に大事にご自分を育ててさしあげるのです。

自分だったら、いちばん大事なともだちとこう話すなぁ』っていうゲームのつもりで。

なんでかわかんないけど、死にたい。

理由はわからんが、死にたい。

そんな切実な声にも、『そうか、そうか、つらいのね。』

なんでか、とか、追求しないでよいです。

考えないのです。

考えなくていいからです。

ココロのお話を聞いているのですから、アタマはインタビューする役に徹します。

考えないことは難しいかもしれませんが、
アタマは意識的に『インタビュアーごっこ』をたのしむ。

厳しくされてきた、厳しくしてきたから、
こここまで大変なことになっちゃったわけで(激おこぷんぷん丸)

甘やかしまくります。

甘やかすことでダメになることなんてありません

ココロが、つらくなっている理由を言ってくれればらっきぃです。

その場合は、どんなにその理由がヘンでも、どんなにその理由がワガママでも、
言ってくれるままに聞いてみる

会話を続行できれば、わんだほー!

お話してくれないほどお疲れなときは。

理由を聞くかわりに。

いま、なにをしたらラクになるか、ココロに聞いてみます。

ひとはカンケイありません。

ひとに誇れるなにか、ひとに自慢できるなにか、ひとが認めてくれるなにか、
いっさいスルーです。

自分との大事な対話だから。

疲れたココロやカラダがなにをもとめているのか、聞いてみる。

『早めに寝たい。』
『庭に出て、風を感じたい。』
『お風呂にゆっくり長くつかりたい。』
『チョコレートが食べたい。』
『HUGが欲しい。』 ←ちゃんと、ご自分でご自分をはぐはぐしてあげてください。

小さい小さい声を聞いて、実際に小さい小さい望みをかなえてさしあげる。

小さい小さい積み重ねを、ふやしていく。

現実逃避してんじゃねーよ!』っていうアタマの声は完全無視でお願いしますw

だって、逃避したい現実を生きてるんですから、おっけー

焦りも出てきます。

だって、こんなしょーもないことで、死にたいくらいツラいココロの状況や現実の状況が変わるわけがない

現実を変えたいんだよ最速で!

それが奇跡ってもんなんじゃないのかい?????

はやくラクになりたいのよぉぉぉぉぉ!!!!!

ごもっともです。

暴れてください。(まわりの安全は確保してくださいね!)

『巻き返さなくっちゃ』
『見返さなくっちゃ』
『恩返ししなくっちゃ』

必要かな?????

でも、じゃあココロが劇的に幸せになる代替案って、ほかにあるかな???

私はみつけられなかったです、えへへw

そんなに疲れたカラダとココロを引きずって、どこに行くんでしょう???

生きてることが奇跡のような、ココロの重病人にできることって???

足を骨折した人に『もっと早く歩きなさい(怒)』っていう
いたらビックリですょねw

それを自分のココロにやっちゃあ、まじぃよね。

だいじょうぶ、
ココロが元気になりさえすれば、いくらでもなんでもできるようになります。

実際、アタマが焦ったって、ココロのペースというものがどうしてもあるので。

焦る自分、おっけー

だって、焦ってるから

これも、ココロの声

全部聞いてみる

人生のうち、自分のココロに、心底、耳を傾けてくれた人が何人いますか?

人生のうち、自分のココロの内をしょーじきに打ち明けられることができた人が何人いますか?

自分の人生の一部始終を知っているひと、だれでしょう?

いつまでーーーーも自分に付き合ってくれるひと、だれでしょう?

24時間、いかなるときも聞いてくれる人、だれでしょう?

ね、自分だけです。

いま、『だるぅぅぅ』と萎えてても。

だんだん、自分と話をすることがおもしろくなってくるので、
たのしんでほしいと思います。

怖がりなのに、好奇心いっぱいの私にとって、
自分のココロ、
自分を知ること、
って、どんなことよりもおもしろいことかも!

いろーんな自分に気づいていくと、『この人、すっげーおもしれぇ』ってw

この記事のはじめから、ぜ~んぶ、私が体験したことなので、効果はあります

自分に言う『おつかれさま』のひとことでも、自分のココロを明るくできるのです。

実際、もーがんばりすぎてる人いっぱいいますから!!!!

これが、ココロを大事に自分軸で生きることに繋がります。
 

自分主体、で、生、き、る・・・こわい、こわいよ、こわいです!』
と、ちぃやんさんにココロの底からの恐怖を熱くw語っていた私。

だいじょうぶ、そんな私でも、きづけばこんなことになっていますw

怖がっていることすら、気づいていなかったし、
怖がっていることを認めてもいいなんて、気づかなかったところからのスタートでしたょw

気づいちゃえば、
『そんなワケのわからん、くだらんことで苦しみもがいてたんかっ! うをををををっ!』
みたいなw

でも、その気づきのあとには、さわやかな笑顔がやってきます。

そうだったのかぁ、ウケるぅw』ってw

参考記事→コダワリとか、ワダカマリとか

繰り返し、
いろんな気づきに気づくことで、
どんどん自由になります。

実際、人生は、拍子抜けすることの連続が人生だったりするのかもしれませぬw

輪廻転生があるのなら。

自分を癒すため、愛するために、傷つけ、傷ついて癒す、
を何生にもわたって繰り返ししているなんて、
ちっこぃにんげんの私には理解しがたい営みじゃなぁ、と妙な感じです。

でも、そうやって、
ありのままの『本来の自分とひとつになって生きることは、おもしろいです。

そんなような話をしながら、
ちぃやんさんと私、わけもなく『うふふ』ってなりつつ、
ゆるゆるを楽しんでいます♪
 

がしかし、この過程。

ずーーーっと、最初から最後まで、自分ひとりでやるのは、難しいかもしれません。

しかも、コレって、私が実践していた方法でして。

ちぃやんさんは、どうされていたんだろぉおお???
(そぉいえば、具体的にはぞんじあげていないかも。 
瞑想を主にされていたのかしら? EFT? 三浦さんと同じ空間にいること? ぜんぶ???? もっといろいろ????
詳しくは、今後、掲載予定のちぃやんさんの記事にて、乞うご期待www)

私は、幸運にも、500%シンクロしている、ちぃやんさんと『そぉそぉ』と確認し合えたので、
一緒にたのしく七転八倒しながら、(←これも、段階、期間限定なので、ご安心くださいw)
他人主体 → 自分主体にシフトできつつあります♪

私には、とびきり合っていた方法だったので、
なんだか気づけば『ちゃねりんぐ的』な『のーりょくw』で自分と話していて。

チャネリングは誰にでもできます

それが、チャネリングなのか、どうか。
『アタリマエすぎて気づいていないけど、
気づかないうちに普段からチャネリングできてる、え、これがそおお?』
という感じかもしれません。

そして、チャネリングは当てモノではないので、
そのときに役立つか、役立たないか、要る情報か、要らない情報か。
そこらへんの取捨選択をしつつ。
それぐらいのゆる~いオツキアイでよいのではないかなぁ、と思います。

なによりも、
ココロの声をアタマと協力して聞くことで、チャネリング能力が、より開くようにも感じます。

便利ですw

でもでも、アタマがココロを開かせてくれない場合も多々あるかと存じます。

そんなときには、ぜひぜひ、ぜろまいんどの扉をとんとんしてくださぃ。

 
最後に、もし、よろしければ。

私が本屋さんでみつけた、自分にやさしくする方法を教えている本のご紹介です。

こちらでお伝えした方法に移行していく前に出会った、私にとっては奇跡の方法です。

タイトルに赤面するんですけど、やりやすくて効果ばっちりでした。

どおしても本屋さんのレジに持っていけず、Amazonで購入しましたw

助かるね

男性は、お姫様 → 王子様になさってくださぃ♪

『1日5分のお姫様ごっこ』 幸川玲巳 著

1日5分のお姫様ごっこ
幸川玲巳
サンマーク出版
売り上げランキング: 25,432

実際に、実践されている『姫さまたち』のコミュニティも多大なる助けになりましたので、ご紹介しますねぇ!
http://blog.livedoor.jp/girlspi/archives/cat_1038266.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

関連記事

    • もこ
    • 2014年 11月26日

    りえさん、実践編を詳しく書いてくださってありがとうございます。
    やってみますね。

    他人への依存は違うよーってこと
    私もわかっているつもりです。
    正直、極端だけど、
    ちょっとしたことで誰かがリーダーとなって
    その人の指示に従うということでさえ、
    息が詰まるようになってしまいます。

    リーダーに依存して自分の意志は抑えることが・・・苦しいっ。

    そんな私なんですけれど。

    最近ますます分からなくなっていることがあって。
    もしよかったら教えてください。

    先日のコメントの中で、
    人生の主人公は自分で脇役も自分で決められるって教えて頂いて
    とってもココロが楽になったんですけど、
    自分以外の存在とどう付き合っていっていいのかわかりません。

    自分以外の存在って、何のためにいるのでしょうか?
    何のために居てくれているのでしょうか?

    どんなことも自分軸でどう思うかであって、
    楽しいとか、嬉しいとか色々・・・。

    この人と話したいなーって思ったから脇役として登場してもらう
    とかそんなふうに自分がハッピーでいるために、
    利用するため?なんでしょうか?

    下手したら依存になるし、
    ちゃっかり利用することになる気がするし、
    私は人との関わり合い方がわかりません。

    意味わかりますか?

      • りえ
      • 2014年 11月27日

      もこちゃん、こんにちは(。・ω・)ノニィハオ!

      まず

      みなさん
      ひとりひとり
      自分の人生の主人公です

      もれなく
      そのひとの人生の主人公
      ひとつたりとて例外はありません

      わざわざ
      ほかの人の人生に『脇役』として登場しているのには
      なにか、ものすごくだいじな意味があるんでしょうね
      きっと

      でも
      その意味
      にんげんのアタマで一生懸命考えても
      『絶対わかんない』ことに気づいて
      考えるのをやめました(ノ∀`*)ンフフ♪

      だって
      答えは出ないから

      答え、必要かな???

      ではでは
      なんで
      もこちゃんはりえさんの人生に脇役として現れてるんでしょぉ???

      りえさんが『タマシイレベル』で、もこちゃんに出演依頼をしたから?
      りえさんがもこちゃんを『引き寄せの法則』で呼び寄せたから?
      りえさんがもこちゃんに、いま、恩を売っておけば、いつか、いいことがあるから?((>з<)プププw)
      過去世からの、譲れぬ、のっぴきならない縁があるから?
      たまたま出会ったから?
      どーして?
      どーして?
      どーして?

      私のアタマがどんなにフル回転して考えても
      絶対、答えが導き出されない自信がありますヾ(*´ω`)ノ゙ ウッヒョヒョ♪

      答えは出ないから

      考えても答えは出ないのです

      答え、必要かな?

      そーかもしれない
      あーかもしれない

      答えのない『憶測』、必要かな?

      というわけで
      またもや
      『どーして?』
      は、おいておきます

      あらゆる関係に
      『どーして?』
      は、無意味だからです

      どーして
      私はこの母親と
      親子っていう関係を選んだんだろう?

      それは、わかりません
      なにか、生まれる前に約束したのか
      愛し合うためなのか、憎しみ合うためなのか
      切磋琢磨するためなのか、感動を共有するためなのか
      カミサマがアレンジしたからか
      うちゅーのほーそくか
      もー、全部、
      そーかもしれないし
      そーじゃないかもしれない

      れーのーりょくが『ぱかっ』と開いて
      『ママと私の関係って
      そーだったのか!』
      と、わかっても
      えーっと、それで???
      おわり

      答え探ししてる時間と労力でヘトヘトになります

      アタマが出ない答えを追求しているその間
      ココロはほったらかされたまま、
      ションボリしっぱなしですヨヨヨョョ。+゚(ノд`*)゚+。ョョヨヨ∃

      わたしが、
      唯一わかる関係って
      自分のアタマとココロの関係じゃないかなぁ
      って、思っています

      いまのところ♪

      ココロと仲良くすることで
      いろんな答えを
      もこちゃんのココロが教えてくれます

      ほかのひととどう関わるか
      とゆーことも
      ココロが教えてくれます

      それはりえさんが特別ヘンだから
      とゆーことではありませんw

      ココロはなんでも知ってるのです

      りえさんが
      いま
      あーだ、こーだ
      と言っても
      それは、りえさんの答え
      であって
      もこちゃんの正解ではないかもしれません

      主人公もこちゃんが
      もこちゃんのココロの中を冒険することで
      もこちゃんの答えがでてきます

      だいじょうぶ
      ひとのことはひとにまかせて

      じぶんのココロと仲良くなって
      じぶんを『いいね!』することが
      なによりもだいじです

      ワガママでもいーじゃないですかっ
      だって人生の主人公なんだから♪

      主人公である自分のココロがくるしくなるような
      ほかのひととの関係、必要かな?

      自分のココロが決めていいんですょ

      よろしければ、記事も参考にしてみてくださぃね
      『それぞれが自分軸でいこう』
      http://zeromind.me/bouken-riesan/sorezore-jibunjiku.html

    • もこ
    • 2014年 11月27日

    こうしてりえさんに質問していることや、
    例えば人と会うことで楽しもうとする行為などは
    人への依存=他人軸

    本当は自分が答えを出せる、
    本当は自分が答えを知っている
    ココロの声にきいてみる
    自己解決=自分軸

    なのかなぁ?と思ってしまって、
    だとしたら、自分以外の人と
    どうお付き合いしていけばいいんだろう
    とわからなくなっています。

    ・・・こんなことに疑問を持ちながらも
    なんか違うんだろうなと感じます。

    自分以外の人が必要のない存在なら
    こうして私の目に見えないし、
    社会全体が人のかかわりでできていないと
    思います。

    こんなふうに理屈っぽいと
    アタマばかり使っちゃってるから
    ココロの声が聴こえづらい(T_T)

      • りえ
      • 2014年 11月27日

      たとえば

      いま

      わたしは
      もこちゃんのご質問に
      『どうやったら、わかりやすくお伝えできるかな???』
      ということだけに思いをめぐらせて
      『わたしの答え』
      を、たのしみながら『引き出して』いますΨ(`∀´)Ψ

      おお、こたえ甲斐のある質問だなぁ、
      とか
      うーん、どうおはなししたらいいかなぁ、
      とか
      そういうことがたのしいです*

      『感じること』
      『思うこと』
      って、
      『カタチ』として提出できないから
      証明できないんだけれど

      『カタチのないもの』が人生を創っているんです

      『人生』
      だって
      目にみえないものじゃないかな
      って
      わたしはおもいます

      『思ってること』
      『感じてること』

      こうやって
      文字にして『見えるカタチ』にできても

      受け取り手の『ココロ』の状態によって
      受け取り方もさまざまになるとおもうのです

      あとは
      もこちゃんがココロで
      わたしの答えを『どう感じるか』

      信頼して、おまかせしています(*´∀`)エヘヘ♪

      それしか、できないんですよねぇ

      どぉでしょぉ???

      もっと
      『ココロを知る』ことについて書いてゆきますねφ(・ω・`)

      • りえ
      • 2014年 11月27日

      そぉそぉ

      わたしが、もこちゃんの問いかけにお答えしている

      ということについて

      もこちゃんがりえさんの答えを妄信して、りえさんの答えに対して全面的に委ねるのが『他人軸』

      もこちゃんがりえさんの答えに『ココロでシックリくる部分だけ活用』するのが『自分軸』

      もこちゃんがりえさんの答えに『ココロで「そりゃあ私には当てはまらない」から却下』するのが『自分軸』

      なんとなく、違い、わかりますでしょぉか???

    • もこ
    • 2014年 11月27日

    りえさんの考えを教えてくださってありがとうございます。

    すべて鵜呑みにせず、
    自分軸で受け止めました。

    答えは人それぞれですもんね。

    まだまだ
    りえさんが記事にしてくださっていることを
    手探りでチャレンジ中なので
    なんとも言えない状態ですが、
    とにかく自分のココロにインタビューをして
    信頼関係を築いていきますね。

    ヘンテコな質問にお答えくださってありがとうございました!

      • りえ
      • 2014年 11月28日

      もこちゃん、『手探りでチャレンジ』
      ほんとうにほんとうにすばらしぃですねヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
      武道館満杯のステージに立って、
      拍手喝采されているくらいのイメージをしてくださぃ☆
      それぐらい、すばらしぃです
      『もこちゃん流』
      『もこちゃんペース』
      『もこちゃん時間』
      が、いいんです!!!!

      ぜんぜんたのしくなれなくてあせっちゃう。・゚゚(ノД`)ワーン!!
      という気持ち、痛いほどわかります

      ぜんぜんわからないし。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。ヤダヤダ
      という気持ち、自分のことのようにわかります

      なんか、りえさん、むかつくヾ(`Д´*)ノキーーー!!!
      それもいいんです

      わかろうとしてかんばらなくていいんです
      わからないことは、わからなくてもいいし
      わかるときが必ず来る、って、ひらきなおって
      いちばん遅いペースでわかろう、と思うくらいでもだいじょうぶ

      それでも早いくらいです

      たのしくても、たのしまなくても、
      もこちゃんのココロに寄り添ってさしあげることが
      なによりも『偉大』なことなのです

      ぜぇんぜん、ヘンテコな質問じゃないですよ!!!
      私も、長い間、ずーーーーっと
      『どうして?』を『わかろう』と、がんばりすぎていました

      どうして?
      どうして?
      どうして?
      って
      アタマがオーバーヒートして、アイスノンが必要なほどでした

      それはそれは、分析して分析して、分析しまくって、
      考えることをやめられずにいました
      どうやって、考えずにいられるようになるのかわかりませんでした
      苦しいですよね、ほんとにほんとに

      苦しんでいるご自分を
      めいっぱぃいたわってあげてくださぃねヾ[・ω・`]ヨチヨ~チ

      ココロと友達になることが
      私にとっては
      いろーんなことが『わかる』最速の方法だったので、
      ぜひぜひ、『もこちゃん流』で実験してみてくださぃ♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

メールはこちらから♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございませんので、
内容をご確認の上チェックを入れてください。