引き寄せの法則の限界と超越(?)

この記事は5分で読めます

りえです。

精神世界という分野について。

『いわゆるスピ系』って、好き嫌いが激しくわかれる、なかなかにデリケートな分野で
す、よね?

目に見えないもの、信じる派、信じない派、わかれるかと思います。

とはいえ、『目に見えなくても、存在する』ということって、日常にいっぱいあふれて
て、切り離せなかったり。

愛、太陽の光、磁場、などなど。

どっちでも、自分が信じていることが自分にとっての真実なので、おひとりおひとり、
自由です♪

とゆー、前置きをお伝えして。
ここからは、私の感じているスピリチュアルの世界も織り交ぜていきますw

少し前までは、キワモノだった、『引き寄せの法則』が、みんなの知るところの知識や
体験になってきたように感じます。

書店に行っても、ここ最近、精神世界の棚が増えたような。

さてさて。
『引き寄せの法則』って、意図しようが、しまいが、常に働いていて

引力の法則』と同じくらいに。

『いま、私がこうやって立っているのは引力の法則のおかげなのね、おっけ~♪』などと確認しなくても、重力は常に働いてます。

信じていても、信じていなくても。

寝ていても、起きていても。

引き寄せも、引力も、常に作用しているのですねっw

これらのほかにも、いろ~んな法則が常に作用しているようです、われわれのいきる世界。

あるとき、
私が引き寄せてきた世界を、はた、と見て。

その、一分の狂いすらない正確さに、驚嘆するやら、愕然とするやら。

天晴れオミゴト、わー、すげー!

どうして、みんな、私がやりたくないことをさせようとするんだろう?』

と、ふと、思い。

私が自分に、やりたくないことをさせていたことに気づいたのです。

ひとが私に、そうさせていたのではなく。

私が私に、そうさせるよう、自分にも、ひとにも働きかけ、そうなるようにしていたの
です。

内にあるものは、外にある。』

うーん、どゆこと?

と、いう『』が『』に変わった瞬間でした。

内側で起こることは、外側で起こる、ということを、わかりやすーく自分で自分に証明
した
のです。
とっても皮肉な形だったのだけれども(泣)

ココロの中&アタマの中(内) = いま、生きている物質世界(外)

自分がだいっきらいだった私は、自分がだいっきらいになるような世界をカンペキに構
していたのです。

もしもボックス~~~
ほんとにあるのですね

でもでも。
どうやって自分を好きになればいいのかわからなかった私。

引き寄せの法則を理解したのにもかかわらず
アタマ帝国支配』の作り出す、世にも恐ろしい現実をどう変えていいのかがわからな
いことが苦しい、
という現実を作っていたのです。

支配がある(内) = 支配は止まずに続く(外)

アタマで感謝するべきだと考えていても、本当はココロから感謝していないことに感謝すること
アタマは愛していると考えていても、ココロから愛していない現実を愛しているフリをすること

拷問です

引き寄せの法則って、
ココロ(潜在意識)の望み=感じていることをかなえ
アタマ(顕在意識)の望み=考えることをかなえづらいようにできているようです。

どおりで。

アタマの望みって、お金持ちになって世界中を旅してまわる、とか、そういう感じだっ
たりします。

え、それのどこが悪いの???

いえいえ、ぜんぜん、よろしいかと。

だけど、自分がお金持ちになることを1ミクロンたりとて疑わず、アタリマエのように
信じているという心境(内側)が、現実化(外側)
させるので、結構、ハードル高いで
すね、むぬぅ

しかも、かなったときの感情も伴っていることが必須条件です。

というわけで、かなわないことがストレスになり、かなえなければならないことがスト
レスになり

望みなんてかなわないじゃん、が、かなう』という、切ないアリサマでした。

アタマで考える人生をやめた今。

『まー、今はいっか、保留♪』っていうことにしたら、とたんにココロがふわぁっと軽
くなったのでしたw

そんなに苦しかったのね、ごめんよ。

諦めるのではなく。

今は、いったん、おいておく。

ココロの平和を優先してみる。

そうはいっても。
思い返せば、そうした物質的な願いの現実化を、これまでにはさまざまにかなえてきて
いたのです。

でも、
アタマとココロが、『いやぁ、これ以上分離できませんが、どうしますか?』という状況下では、なかなかかなわない、ということがわかりました、たったいま

対して。

ココロの望みって、安らぎ、癒し、、たのしいこと、愛されること、愛すること、とか、だったりするんですね。

全部、アタマが『ワガママ言ってんじゃねーよ。』と、一蹴してきた要素ですw

なので、ココロの望みがかないつつある、私の生きる『現実世界』は、ずいぶんと安らぎ、癒され、愛基準へと変化しています。

始終、アタマで色んなことを考え(90%は心配することを占める)、ココロのことな
んて忘れるくらいだったのに、なーーーーーんにも考えていないことが多です。

まさか、自分がカピバラさんと並んで、ぼ~~~~~、と、できるようになるとは。

楽すぎる

たとえば。

車を運転しているときなど。

今までは、それはそれはいろんなことを考えておりました。

『この道、避ければよかった、すっごい混んでる。』
『あー、今日のお昼は何を食べよう。』
『ちょっとぉ、強引に横入りしないでよ!』
『どんだけ信号にひっかかるんだぁ、リップグロスでも塗ろうっと。 ぬりぬり。』
『そうそう、美容院の予約入れなきゃ、今週、土曜日いけるかなぁ、でも、週間天気予
報では雨なんだよな。 めんどくさいな。』

などなど、天文学的数字の雑事を。

でも、カピバラさんは、ただ、運転を楽しんでいます

これ、ホント

そうはいえど、いったんゼロに戻ってしまったのか、ココロが物質世界で何を望んでい
るのかわからなくなって、とっても焦っていたりします

ある意味、『私、もう欲しいものがないくらい満たされてる。』と感じることもあり、
それを、『だいじょうぶか?』ってアタマが心配するくらいな境地に至ることもあった
りして。

まー、わからなくってもいっかw

愛や感謝や発想って内側から湧いてくるものだし。

勇気も。
むりやり振るい立たせるものじゃなくて、しぜんと湧いてくるのですね!

恐怖、悲しみ、寂しさ、虚しさなんかも、もちろん、内側から湧いてくるのですけど。

ココロが育ってくると
見守れるようになってくるんですよ!

『そっかぁ、私、寂しいって感じてるなぁ。』と気づいたら、寂しい感情がただ出てく
るのを味わいつつ、見守れるようになるのです

こういうココロのあり方にも、のちのちもっと詳しくお話したいと思っています♪

外に向かって足りないものを狩りにでかけてばっかりだったアタマは、今、ココロにとても協力的です。

でも、これがまた、適度なバランス、というものが大事になってくるのですよ、ねw

人間、やりたくないことを一切やらずに生きることなどできるのか?

一見、やりたくないことのように思えても、ココロの安らぎ優先のために多少我慢をし
てやることも大事なのでは?

と、アタマで考えて、不安いっぱいなときもありますw

まだまだ、あらゆる側面で練習中ですw

急に、禅の僧侶のようにたんたんと生きられるようにはならないものです

成長過程には常に課題があるのですよねw

それでも、
ちぃやんさんがいつも思い出させてくださる、『自分に優しく』が軸になりつつありま

心配に襲われても、ぜろまいんどという『仲間』に出会えたことで、私を取り戻すこと
が多々あります。

弱弱しかった私に仲間ができて、UP&DOWNを繰り返しながら、育っています

ココロから感謝、感謝です。

『仲間にいれてもらいたい、仲間にするメンバーを選ぶ』 → 『仲間はおのずと出会
』というシフトも経験できました。

この出会い。
引き寄せは、引き寄せなのだろう、と思うのですが。

意図的な引き寄せじゃないんですよね。
すくなくとも、私のココロやアタマでは想像することもできなかった、ちぃやんさん&
三浦さんとの出会い。

この出会いは、自分をしのぐ力を持つ存在が導き、起こしてくれた奇跡だと思うのです

それは、自分が知覚できない自分、て、そういう存在かなぁ、って。

ココロを大事にすることは、ハイヤーセルフ意識的に繋がれるようになる第一歩かも
しれないですね。

そうそう。

アタマで考えたことを実行することが人生だったのに。
ココロで感じたように型にはまらず生きるのよぉ♪、になったとたん、
嫌なことがまったくできなくなったのです。

好きじゃないものもがんばって食べていたのに、そのがんばりもきかなくなったり

栄養、とか、作ってくれた母の気持ち、など、だいじなことを慮れなくなってしまった
のです。

『あ、どーしよ、こんな調子で、だいじょうぶかな。』と思い、ちぃやんさんに打ち明
けたら、『おめでとうございます!』って、祝福されましたw

ささいなことでも、嫌なこと、やりたくないことにすぐ気づけるようになったのです

自分のココロを慮れるようになった私

そうなると、今度は、自分のココロを大事にしながら、ひとのココロも慮れるようになってきたのです。

※慮られる(おもんばかられる)=周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす
 

ここから、さらにどうなっていくのか、興味深く観察している自分がいますw

ついに、『ものごとをコントロールする』というステージから、『ものごとが起こるに
任せる
』というステージに移動したのでしょうか???

ほんまかいな?

全部、アタマでコントロールしなければならなかったのに、ココロにまかせるようにし
たら。
これまで自分がアタマでコントロールできていたこと』って。
すっごく小さかったし、そのとおりにはならないこともいっぱいあったな、と。
ちょっと前の自分がほほえましくもある、いまの自分が不思議です。

コントロールを手放すのが怖くて、全力でしがみついていたのですね

降参できてよかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

メールはこちらから♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございませんので、
内容をご確認の上チェックを入れてください。