理解をも含んだ、信じるということ。三浦が私にくれた、信じあえる世界へ一緒に行こう。

この記事は3分で読めます

ぜろまいんどで自由に生きる。〜みんなが理解しあえる世界へ〜
ってタイトルにして勝手に喜んでいたちぃやんですが、
コンセプト的に、理解よりも信頼がしっくりきたので、

〜みんなが信じ合える世界へ〜

にしてみたいと思います!
(サブタイトルなのでこれからも変化する可能性大ですがw)

 
理解しあうのはとても大切なことで、できるに越したことはないです。

しか〜し

そういえば三浦は私の事、頭では全然理解してないなぁ〜と。w
 

理解しようとしてくれる姿勢はずっとありましたけどね。

でもやっぱり、理解はできないんですよね、違う人間だから。w

 
でも、理解や共感ができなくても、相手を信じることはできるんですよね。
 

三浦と出会って早3年が経過。
 

三浦は、私のことを理解や共感ができないのに、
どうして一緒にいてこんなに楽なのだろう。

どうして、私は変われたのだろう。

 
その一番大きな理由は、一言で言うならこうです。

 

三浦は私を、ずっと信じて、寄り添ってくれたから。
 

三浦と出会う前までは、
「自分のことをものすごく理解して、尊重してくれる人が欲しい。」
ずーとそう思って、そんな人を探していました。

そして、付き合った相手がそういう人になるように、
良い自分を演じてコントロールしようとしていました。
 

前はなんだか、頭で理解してほしかったような気がします。

これこれこういう所が弱いちぃやんだから、こういうときにはこうしたらいい。
とわかってくれているのがいいんだ。とか。

(実際には、自分は話を聞いてもらえないというコンプレックスがひどいので、
一生懸命聞いてほしい。できればこっちを見て聞いてほしい。できれば笑ってほしいし、できればもっとリアクションを大きくしてほしい。それが出来なくても最低でも、話を聞いてうなづいてくれないともう失格。みたいなw)

 
そういうふうにやってくれるということ=私のことを理解してくれてる。
というふうに思ってた気がします。

 

でも、頭ではさっぱり私のことを理解できないけど、
私のことを信じてくれる三浦と一緒にいるうちに・・・

必ずしも、強制的に自分のことを理解してくれなくてもいい。
わからなくてもいいんだと感じるようになりました。

 
相手を信じることは、尊重も含んでいますが、
本当の意味では、理解も含んでいる気がします。

 
三浦は、
「ちぃがやることは、一番ちぃにとっていい事につながるって信じてる。」
と言っていました。

 
たとえそれが、自分が稼いできたお金をたくさん使うことでも、
男三浦にとって、嫉妬をかき立てられるようなことであっても。
 

私を頭で理解はできないし、さっぱりわからない部分もいっぱいあるけど、
それも含めて全部、信じてるんです。

 

私のことを、そんなにまで信じてくれた人は三浦が初めてです。

だいたい心配され、不安がられ、こうしたほうがいいよ。と言われたり。

それは、私にとっては怒りや悲しみにつながってきました。
(特に母との関係が前はそうでした)
 

でも、三浦が信じてくれたから、私は変われたんです。

「誰にも信じてもらえない、わかってもらえない、嫌われ者でひとりぼっちな私」
という信念を超えて、
本当の意味での自分の人生。

 

そのスタート地点を、三浦はくれました。
 

それは、一見とても楽なように見えて、
自分にはとても厳しい面もありました。

なぜかというと、人のせいにできないからです。
 
信じてくれているから、何で私が落ち込んでも、どーなっても、
三浦のせいにする理由がないから、できないんですね。

だから私は、変わるしかなかった。
 

そして、自分の深いところと向き合い、寝込む時もたくさんありましたが、
私は本当に変わりました。
 

私の中のイド君の事情により体的には体調は悪いけど、
そんなイドも含めて、自分のことを信じていられます。

イドについての記事はこちら→(私の右半身に住んでいるイドと、左半身のちぃやんの「自分」というマインドが抜け落ちたお話

だから自分の状態にかかわらず、いつも平和な、楽な気持ちがあります。

 
信じるということは、本当に難しいけれど、
本当にすごいことが起こります。

みんなが信じあえる世界になったら、とても素敵だろうなと思います。

なかなか難しいけれど、でも、できることをやっていきます。

 

ここまでこれたのは、前の旦那さんが、私のことを理解してくれようと、
必死でがんばってくれたから、というのもあります。

私には、理解こそが信じてもらうより必要な時期がありました。

だから、そのときに一緒にいてくれた、必死で理解しようとしてくれた、
さくちゃん。

ずっと一緒にいられなくて、本当にごめんなさい。
でも、本当にありがとう。
 

結婚していたとき、私は自分と充分に向き合っていたつもりだったけれど、
やっぱりさくちゃんのせいにしてしまっていたところがいっぱいありました。

 
相手のせいにしていたから、本当の意味での自分の弱さに、向き合う強さがなかった。

でも、そのタイミングが来るまで支えてくれたのは、元旦那さんです。

 
私にとっては、どちらも大切で、どちらもいなかったら、
今の私はありませんでした。

本当に、感謝でいっぱいで、涙があふれてきます。

 
今まで付き合ってきた元彼にも、本当に感謝です。
どうもありがとう。

 
今は、状態が悪い時でもいい時でも、
すべてにありがとう、という気持ちです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本当の自分で生きてみませんか。

マインドを超えた先に、愛があります。

愛はあなた自身のことです。

あなたが愛そのものである、ということを思い出した時、生き方が変わっていきます。

思い出すこととは、体感すること。

体感をしたい方は、私達と接してみてください。

体験を通して、本当の気持ちがよみがえります。

ゼウスさんに聞いた、ぜろまいんどの2人の役割

ちぃやん
1.みんなを楽にすること
2.正直な生き方を伝えること
3.人と人を調和させること
4.神の考えを伝えること
5.霊を癒やすこと
6.神の存在を伝えること

三浦
1.楽しむこと
2.協力しあうこと
3.愛すること
4.自分を楽にすること
5.今を生きること
6.固定観念を超える人を増やすこと

RSS ぜろまいんど 〜愛を知るための脱マインド〜

メールフォーム

ご質問・ご意見・応援メッセージ等は、
メールフォームからお気軽に何でも送ってください。

ブログをメールで購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
登録した後にメールが届くので、確認URLをクリックすれば完了です。